システムの概要と特徴

現在では、ホームページを制作するにあたって、cms(コンテンツマネジメントシステム)の利用されるケースが多く見受けられる状況にあります。元来、ホームページを制作するためには、HTMLやCSS、ファイルの階層構造などに関連する知識が必要でした。しかしながら、cmsを利用すれば、それらの知識にそれほど詳しくないユーザーでも、テキストや画像などのコンテンツを掲載し、HPの制作・運用をすることが可能になります。もちろん、こちらのシステムを使用する場合でも、専門的な知識があるに越したことはありません。そうした専門知識を活用することで、制作・運用するサイトに、さらにこだわった機能を搭載したり、もっと凝ったデザインをほどこしたりすることができるのは言うまでもありません。

ひと口に「コンテンツマネジメントシステム」と言っても、その機能や利用料金には、さまざまなバリエーションがあります。例えば、ある特定の機能を有するもの、汎用的なもの、有償のもの、無償のものなど、いろいろなcmsが存在します。それらの中には、オープンソースのブログ構築用ソフトウェアでありながら、高い性能を有することから、ブログだけではなく、他のウェブサイトの作成・運営にも数多く使用されているものもあります。